ずっしりと、光輝く 東京五輪メダルデザイン発表

 

 

2020年東京五輪開幕まで1年となった24日、大会組織委員会は五輪で優秀な成績を収めた選手に授与される金、銀、銅メダルのデザインを発表した。

 

デザインは3種類とも共通で、中央に大会エンブレムや五輪マークを配置。周囲を不規則に加工することで「光の輪」を表現した。おもて面となる反対側は国際オリンピック委員会(IOC)の規定で勝利の女神「ニケ像」を含めるなど、構図が決まっている。

 

各メダルの直径は85ミリ、本体重量は金メダル約556グラム、銀メダル約550グラム、銅メダル約450グラム。組織委によると金、銀メダルは夏季五輪で最重量という。メダルを首から下げるためのリボン、木製ケースのデザインも発表した。

 

メダルのデザインには421人が応募。過去大会のメダリストや有識者らによる審査会で、大阪市在住のサインデザイナー、川西純市氏(51)の作品を選んだ。川西氏は「アスリートの努力と栄光、世界の友情を輝く光の輪でたたえられるようなメダルになれば」とコメント。審査員の1人で組織委の古宮正章副事務総長は「すべての曲面が異なる角度で構成され、どこから見ても美しい光と輝きを放つ点が最大の特徴」と評価した。

 

東京大会のメダルは五輪史上初めて、使用済み携帯電話など小型家電から抽出される再生金属のみでつくられる。五輪では約2500個を製作予定で、パラリンピックのメダルは8月に発表される見通し。

 

 

この記事の英文記事を読む

 

 

Leave a Reply