【主張】東京五輪延期 日本は成功に責任を負う まず感染の収束に力を尽くせ

  この夏に開催が予定されていた東京五輪・パラリンピックが、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、1年程度延期されることになった。感染拡大が収まらない現状をかんがみれば、妥当な判断である。   代表選手選考や会場、人員の確

【主張】習主席「国賓」延期 対中政策の抜本見直しを

  日中両政府が、4月上旬に予定していた、習近平中国国家主席の国賓としての来日を延期すると発表した。   中国・武漢で発生した新型コロナウイルスの感染が両国で広がり続けている。菅義偉官房長官は記者会見で、延期の理由について「新型コロナウイル

【主張】北方領土の日 安倍政権は四島返還要求に立ち戻れ

    ロシアは旧ソ連の独裁者スターリンの「北方領土不法占拠」という国家犯罪にいつまで固執し続けるのか。被害者の日本は択捉、国後、色丹、歯舞の四島返還の歴史的正義の旗をなぜ自ら降ろしてしまわなければならないのか。   2月7日は令和最初、通

【主張】日米安保改定60年 同盟発展が平和もたらす 再改定と防衛力の強化を図れ

    日米両政府が、旧日米安全保障条約に代わる現行の安保条約への改定に署名してから、19日で60年を迎えた。   昭和26年に結んだ旧条約と合わせ、新旧の安保条約は日米同盟体制の基盤となり、日本の独立と平和、そして自由を守ってきた。