ホワイト国除外「支持」67.6%、改憲議論の活発化支持が6割超 産経・FNN合同世論調査

    産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は3、4両日、合同世論調査を実施した。日本政府が安全保障上の輸出管理で優遇措置を適用する「ホワイト国」から韓国を外す政令改正を閣議決定したことについて「支持する」との回答が67.6%に上

永井豪さんに仏芸術文化勲章「シュバリエ」 アニメ「グレンダイザー」でファンも多数

    漫画家の永井豪さん(73)は30日、東京・大手町の産経新聞社で、9月14日から上野の森美術館(東京・上野公園)で開催される「画業50年“突破”記念 永井GO展」(産経新聞社など主催)の発表会見に出席し、仏政府から芸術文化勲章「シュバ

シカが飛び跳ねる 白鹿記念酒造博物館で夏季館蔵品展

    芸術作品の世界で動物たちが躍動する-。西宮市鞍掛町の白鹿記念酒造博物館(愛称・酒ミュージアム)で夏季館蔵品展「絵の中の生きものたち」が開かれている。8月26日まで。   同館は清酒「白鹿」の醸造元で寛文2(1662)年創業の辰馬本家

「画業50年“突破”記念 永井GO展」9月に上野の森美術館で開催

    漫画家の永井豪さん(73)は30日、東京・大手町の産経新聞社で、9月14日から東京・上野の森美術館で始まる「画業50年“突破”記念 永井GO展」(29日まで)の発表会見に出席し、半世紀に及ぶ自身の仕事を振り返った。「締め切りに追われ

英国の新首相、ボリス・ジョンソン氏:変人は英雄となるのか

  第二次大戦時の首相、ウィンストン・チャーチルに関する本は、現在の英国でも年間100冊ほどが出版されているそうだ。『チャーチル・ファクター』(プレジデント社)もその一つである。新首相に就任するボリス・ジョンソン氏(55)が、ロンドン市長時

ずっしりと、光輝く 東京五輪メダルデザイン発表

    2020年東京五輪開幕まで1年となった24日、大会組織委員会は五輪で優秀な成績を収めた選手に授与される金、銀、銅メダルのデザインを発表した。   デザインは3種類とも共通で、中央に大会エンブレムや五輪マークを配置。周囲を不規則に加工

海中で自然分解の新プラ素材を国際標準化 政府、ISO提案へ

  プラスチックごみによる海洋汚染問題の解決に向けて日本企業が開発を進める機能素材「海洋生分解性プラスチック」について、政府主導で製品規格の国際標準化を進めることが17日、分かった。経済産業省が近く有識者会議を立ち上げ、国際標準化機構(IS

東京五輪開幕あと1年 新国立、芝生見えた

  2020年東京五輪開幕まで24日であと1年となった。東京では56年ぶりとなる大会は、東京や千葉、埼玉など10都道県で史上最多の33競技339種目が実施される。   メインスタジアムとして開閉会式や陸上などが行われる新国立競技場(新宿区)

今年の一字「祈」を被災地・熊本に寄贈 金澤翔子さんに感謝状

  ダウン症の書家、金澤翔子さんが、新年に揮毫(きごう)した「今年の一字」の「祈」が熊本大学(熊本市)に寄贈され、8日に大学から金澤さんに感謝状が贈呈された。   熊本大を訪れた金澤さんに感謝状と記念品を手渡した同大の原田信志(しんじ)学長

韓国企業がイラン、シリアへ不正輸出 大量破壊兵器関連物資 国際管理に抵触

  生物・化学兵器を含む大量破壊兵器製造に転用可能な物資をシリアやイランなど北朝鮮の友好国に不正輸出したとして、韓国政府が複数の韓国企業を行政処分していたことが10日、日本政府関係者への取材で分かった。日本側は韓国向けの輸出規制強化の背景と

ハイテク交通の落とし穴 無人運転ぬぐえぬ不安

  横浜市の新交通システム「シーサイドライン」の自動運転列車の逆走事故から1カ月あまり。事故原因は自動運転システムそのものに起因するものではなかったとみられるが、運転士のいない自動運転列車への不安はぬぐえない。大地震などの異常時にどこまで対