Science

エイリアンのようなスナギンチャク、新種と判明 2019.12.22 07:24産経WEST Twitter 反応 Facebook 文字サイズ 印刷 下のヤドカリに付着し共生して生きる「エイリアン」のようなヤドカリスナギンチャク 下のヤドカリに付着し共生して生きる「エイリアン」のようなヤドカリスナギンチャク  鳥羽水族館(三重県鳥羽市)は同館で飼育していたスナギンチャクが新種だったと発表した。和名は「ヤドカリスナギンチャク」。見た目が映画「エイリアン」に登場する地球外生命物体「ゼノモーフ」が孵化(ふか)後に人間の顔に襲いかかる「フェイスハガー」に似ていることから学術名は「エピゾアントゥス ゼノモーフォイデウス」と名付けられた。論文が今月、英国科学誌に掲載され確定した。  新種は平成26年1月24日、同館の森滝丈也学芸員が尾鷲市沖の熊野灘で採取。2年後に瀕死(ひんし)状態になり、琉球大大学院に引き取られ検査したところ、新種であることが分かった。標本は現在、国立科学博物館筑波研究施設(茨城県)に収蔵されている。  新種は約5~10センチの大きさで、深海底に生息し、ヤドカリと共生。ヤドカリが背負う巻き貝の上に付着し、エイリアンの「ゼノモーフ」のように徐々に貝殻を溶かしながら成長し、最終的には貝殻は溶けてなくなり、ヤドカリの成長に合わせて形作られた新種の中にヤドカリが住み着くなどお互いに共生して生きる。ヤドカリが死滅したあとは新種だけが生き残る。  同館では平成22年から29年に同様のヤドカリスナギンチャクを計6個体採取し飼育していた記録があるが、現在は飼育していない。  森滝学芸員は「熊野灘では新種が多く、これまでもゴカイ類など9種の新種を採取することができた。まだまだ新種があると思うので、今後の研究が楽しみだ」と意欲的に語った。 Twitter 反応 Facebook 太平洋戦争から学ぶ世界情勢|日本が韓国に経済制裁する本当の理由は?韓国はなぜ対日不信感を植え付けるのか ダイレクト出版 【舞の海の相撲俵論】裸の王様になる前に ニッスイが開発した記憶力対策ドリンクのすごさとは ニッスイ 歌会始の儀 御製・御歌と皇族方、入選者らの歌 日本の技術結晶 スパコン「富岳」~システム開発責任者の想いに迫る~ FUJITSU JOURNAL 石浦、白鵬土俵入りの露払い辞退 稽古中けんか「自覚足りなかった」 トヨタコネクティッドが作る、未来のモビリティ TOYOTA Connected x TC Brand Studio 大人の男性に選ばれる冬の本命ジャケット&コート Shopping 日本にアヘンが入らなかった理由 Pride and History | PR ダルビッシュ「パレード参加したい」 サイン盗み断定で 離婚の藤本敏史さん、木下優樹菜さんがコメント「子育ては協力して」 16年の歳月「長かった」 犠牲女性の93歳父親 木内みどりさん死去 俳優 iRONNA日本人の魂を揺さぶる オピニオンサイト 英王室を汚すメーガン妃「カネと偽善」 英王室を汚すメーガン妃「カネと偽善」 政策よりも「政局ありき」枝野幸男の意気地なし 政策よりも「政局ありき」枝野幸男の意気地なし 次に巨大地震が起きるのはここだ! 次に巨大地震が起きるのはここだ! 「ランドセル」にまで目くじら立てる韓国人 訪日シー・シェパード活動家の正体、どんな嫌がらせをしているのか 「しんぶん赤旗」を毎日読んだら分かった意外な真実 「カジノ解禁」でぼったくられる日本人 旅客機の放出した燃料が学校に、児童ら60人が手当て 米ロサンゼルス(BBCニュース) 「軽さ」と「暖かさ」を追求したエディー・バウアーのダウンジャケット 寝ている間に体を整えるマットレス「ハノン」 漁師が認めたあたたかさ。魔法瓶のように体温を逃がさない保温肌着 産経フォト 石原さとみさんらが聖火リレーPR 小学校を訪問 石原さとみさんらが聖火リレーPR 小学校を訪問 【路上感撮】小さな湘南電車 【路上感撮】小さな湘南電車 冥福祈る6434本の明かり 阪神大震災25年【360°パノラマ】 冥福祈る6434本の明かり 阪神大震災25年【360°パノラマ】 解体進む「YS-11」量産初号機【360°パノラマ】 解体進む「YS-11」量産初号機【360°パノラマ】 検索ワード

DISCOVERIES | Alien-like Coral Discovered in Japan’s Toba City Recognized as New Species

隈研吾さんインタビュー 新国立「空調機に頼らず」「日本建築の特徴」