fbpx
Connect with us
Advertisement

【告知】1月18日JAPAN Forward時事講座・文化編<第4回>「世界に類を見ない文楽という芸能」

Published

on

~~

 

1月18日(火)18:30~のJAPAN Forward時事講座の文化講座<第4回>では「世界に類を見ない文楽という芸能」をテーマに、引き続き産経新聞の亀岡典子・大阪本社文化部特別記者編集委員が文楽の魅力に迫ります。

 

世界中に人形芝居はありますが、そのほとんどは子供向きに作られています。しかし、文楽はテーマの深さや表現形態など大人が鑑賞する人形劇です。太夫、三味線、人形が三位一体となって舞台を作り上げる演劇形態も、世界で類を見ない芸能です。文楽の持つ高い文学性と、他の芸能に与えた影響などもお伝えします。

 

日本文化を知ると、日本がもっと楽しく、好きになります。
オンラインイベントとなります。奮ってご参加ください。お申し込みは令和アカデミー倶楽部の以下のサイトから。

 

https://reiwa-academyclub.jp/course/post/1443/

 

 

亀岡典子 産経新聞大阪本社文化部特別記者編集委員
平成2年、産経新聞社に入社。文化部で30年以上にわたって、歌舞伎、文楽、能など古典芸能を中心に現代演劇を担当。おもに上方の芸能について取材、執筆活動を続けている。パリ・オペラ座で史上初めて行われた歌舞伎公演やアルジェリアの文楽公演などに同行取材。紙面で劇評、インタビュー記事などのほか、コラム「離見の見」「古典の夢をみる」「芸魂」を連載。令和2年度から神戸学院大学人文学部の非常勤講師を務めている。著書に『文楽ざんまい』(淡交社)、『夢―平成の藤十郎誕生―』(同)など。

 

関連告知
【告知】10月19日JAPAN Forward時事講座・文化編<第1回>「歌舞伎に見る『江戸』と『上方』」
【告知】11月16日JAPAN Forward時事講座・文化編<第2回>「歌舞伎のオリジナリティーと多様性」
【告知】12月21日JAPAN Forward時事講座・文化編<第3回>「すべては恋から始まった~史実と古典芸能の関係性~」

 

 

 

Continue Reading
Click to comment

You must be logged in to post a comment Login

Leave a Reply