Connect with us
Advertisement

まるで鬼滅の刃の無限城 SNSで話題 コロナ禍でも大人気 福島の芦ノ牧温泉・大川荘

Avatar

Published

on

 

 

アニメ映画の記録的ヒットで社会現象になっている漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」に登場するシーンとそっくりだとして、福島県会津若松市にある芦ノ牧温泉の旅館「大川荘」が、ファンの間で注目を集めている。

 

 

赤い浮き舞台

 

玄関に入りロビーを進むと、吹き抜けになった広い空間が広がり、地下1階が見下ろせる。階下へ降りる階段の踊り場には、ひと際目立つ赤い舞台がある。この「浮き舞台」と呼ばれるステージでは、多くの宿泊客が訪れる午後4時から同6時まで毎日、三味線の演奏が行われる。

 

「本当に無限城に来たみたい」―。そう興奮気味に語った家族ずれの宿泊客は、SNSを見て来たといい、「感動した」と話していた。

 

鬼の黒幕、鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)の本拠地として描かれる無限城では、鬼舞辻の側近、女の鬼が琵琶を弾く場面が登場する。これが三味線の演奏と重なるのだという。

 

この吹き抜けの空間が漫画に出てくる「無限城」に似ているとの話題がSNSに投稿されたのは、コロナ禍が始まった今春のことで、ネット上で盛り上がった。旅館はコロナのために2カ月余り休業を余儀なくされたが、営業再開後も盛り上がりは続いている。

 

ただ、旅館は漫画やアニメとの関係をPRすることなどは行っていない。むしろコロナ禍が続く中、密を避けるため宿泊客を絞っての営業が続いているという。

 

玉川福男総支配人(66)は「来年1月末までは週末を中心に、ほぼ予約は埋まっている状態。“鬼滅の刃効果”はもう少し続くと期待している。心から感謝申し上げたい」と話す。その上で「古くからのお客さまを大事にする姿勢はブレずにやっていきたい」と付け加えた。

 

旅館は、台湾メディアの取材も受けたといい、コロナ後のインバウンドにも期待したいと話している。

 

筆者:芹沢伸生(産経新聞)

 

 

この記事の英文記事を読む

 

 

Nobuo Serizawa is a senior writer of the Sankei Shimbun, based in Fukushima.

Continue Reading
Click to comment

You must be logged in to post a comment Login

Leave a Reply