fbpx
Connect with us
Advertisement

【主張】コロナ「5類」移行 混乱招かぬ段階的緩和を

Published

on

COVID-19
新型コロナウイルスの位置づけを今春から「5類」へ移行する方針を受け、会見する加藤勝信厚生労働相。5類に移行されれば屋内でのマスク着用義務も解除される見込みとなっている=1月20日午後、東京都千代田区(寺河内美奈撮影)

~~

 

政府が、新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけを季節性インフルエンザと同じ「5類」に引き下げる方向で検討している。岸田文雄首相と関係閣僚が協議する。

 

新型コロナは現在、結核やSARS(重症急性呼吸器症候群)など危険度の高い「2類」に相当する扱いだ。重症化率や致死率が下がり、対処方針も確立されてきた中で、この位置づけを見直す方向性は妥当である。

 

北京首都国際空港の出発ロビーで荷物を引いて歩く人たち=2022年12月27日(共同)

 

だが、一気に規制を緩和して感染爆発につながった中国の二の舞いを演じるわけにはいかない。日本のコロナ対策には、考慮すべき多くのことがある。

Advertisement

 

第8波では、感染者の多さから死亡が1カ月余りで1万人を超えた。感染力の強いオミクロン株の派生型「XBB・1・5」の拡大も懸念される。位置づけ変更で感染や死亡が増える恐れはないか。政府はその見通しを示し、どう対応するかを明確にすべきだ。

 

COVID-19

COVID-19 health center in Tokyo.

 

5類にすれば、都道府県が患者に入院を勧告したり外出自粛を要請したりする根拠はなくなる。公費で賄われている窓口負担が自己負担になることも想定される。それが混乱を招かぬよう段階的な移行が欠かせない。

 

重症者が受ける医療には高額な治療や薬剤もあり公費負担を続ける必要があろう。軽症者に処方される解熱鎮痛剤やせき止めなどとは分けて考えるべきだ。

 

Advertisement

病床が不足したときの入退院調整のため保健所の関与は引き続き重要である。必要な人が適切に入院できるよう万全を期したい。

 

5類になっても、コロナ対応の医療機関が急に増えるわけではないとの見方もあるが、これではいけない。政府は患者を受け入れる医療機関の大幅拡充に向けて指導力を発揮すべきだ。軽症者の治療薬も承認された。医療機関の対応を強く促す必要がある。

 

ワクチン接種が全て自己負担というのは非現実的だ。オミクロン対応の接種は無償なのに十分に広がっていない。当面は自己負担なく接種できる態勢を保ちたい。

 

COVID-19

池袋駅近くを行き交うマスク姿の人々=1月20日午後、東京都豊島区(酒巻俊介撮影)

 

屋内のマスク着用を原則不要とすることも検討されているようだが、いつでもどこでも外していいわけではあるまい。正確で丁寧な情報発信が求められる。

Advertisement

 

感染症法上の位置づけを変更しても新型コロナがなくなるわけではない。水際措置は常に迅速、厳格に行うべきである。

 

 

2023年1月20日付産経新聞【主張】を転載しています

 

Advertisement

この記事の英文記事を読む

 

 

Continue Reading
Click to comment

You must be logged in to post a comment Login

Leave a Reply

Our Partners

Whaling Today