fbpx
Connect with us

バレンタインにはハート型のかまぼこを 大阪の練り物会社で製造ピーク

Published

on

製造がピークを迎えているハート型のあげかまぼこ=2月1日午後、大阪市西淀川区(須谷友郁撮影)

~~

 

バレンタインデーを前に、大阪市西淀川区の水産練り物会社「和田八」工場で、ハート形のあげかまぼこ作りがピークを迎えている=写真(須谷友郁撮影)。4千~5千枚製造し、インターネットや大阪・兵庫の百貨店などで販売する。

 

甘いものが苦手な人にもバレンタインデーを楽しんでもらいたいと約30年前から生産。縦9センチ、横10センチほどでピンクと白、茶色の3色があり、シログチやイトヨリダイのすり身が使われている。

 

同社の営業担当、池田善彦さん(54)は「最近あまり良いニュースがない中で、バレンタインかまぼこをきっかけに笑顔になってほしい」と話した。1枚216円。問い合わせは同社(06-6475-0088)。

 

 

この記事の英文記事を読む

Continue Reading
Click to comment

You must be logged in to post a comment Login

Leave a Reply