fbpx
Connect with us

中国が狙う日本奇襲

Published

on

China's PLA
訓練を行う中国人民解放軍の兵士=2021年1月(新華社=共同)

~~

 

米国の首都ワシントンの国政の場でいま最も頻繁かつ切迫して語られる課題はやはり中国である。政府も議会も研究機関も、とにかくチャイナ、チャイナなのだ。その次に熱い課題がトランプ前大統領、そしてウクライナという順位にみえる。

 

その緊迫した中国論議で最も気になるのは米中両国が実際に軍事衝突する可能性である。衝突を起こさないためにこそ衝突への準備を強めるという抑止策は米国の国是だともいえる。その結果、「米中戦えば」という議論が生々しく展開される。

 

そんな中で極めて説得力の強い、だからこそわが日本の命運にも巨大な波をぶつける中国人民解放軍の戦略の解読は日系米国人学者のトシ・ヨシハラ氏の分析である。

 

この記事の続きを産経ニュースで読む

 

筆者:古森義久

 

 

2023年5月7日付産経新聞【あめりかノート】より

 

この記事の英文記事を読む

 

 

Continue Reading
Click to comment

You must be logged in to post a comment Login

Leave a Reply