fbpx
Connect with us
Advertisement

犬飼育で認知症低リスク 都センター高齢者調査

Published

on

大阪市住之江区の特別養護老人ホームで、まわりの人たちを笑顔にする柴犬いおり=2018年9月12日(恵守乾撮影)

~~

 

犬を飼っている高齢者は、飼っていない人に比べて認知症の発症リスクが低いという研究結果を、東京都健康長寿医療センターのチーム11月が22日までに国際科学誌に発表した。ペット飼育と認知症との関連を明らかにしたのは初めてとしている。

 

調査は、東京都の65歳以上の男女1万1194人を対象に、平成28年から令和2年までのデータを分析。4年間で認知症を発症した人は5%で、犬を飼っている人は飼っていない人に比べ、認知症になるリスクが40%低かった。

 

セラピードッグとして介護老人保健施設「おとなの学校 岡山校」に入社した犬ら=2017年4月1日、岡山県津山市(産経新聞)

 

さらに犬を飼っている人のうち、運動習慣がある人や、社会的に孤立していない人の方が発症リスクが低い傾向にあることも分かった。猫の場合は飼育の有無で発症リスクに差はなかった。犬の飼育率は8・6%、猫の飼育率は6・3%だった。

 

Advertisement

 

この記事の英文記事を読む

 

 

Continue Reading
Click to comment

You must be logged in to post a comment Login

Leave a Reply

Our Partners