fbpx
Connect with us
Advertisement

大谷らトップアスリート5人がひな人形に 造形に苦労した選手も 久月が披露

Published

on

「久月」が公開した2024年「期待びな」=1月31日午前、東京都台東区(岩崎叶汰撮影)

~~

 

東京・浅草橋の老舗人形メーカー「久月」は1月31日、世界で活躍が期待されるスポーツ選手らに似せて制作した、ひな人形「今年の期待びな」を公開した。モデルに選ばれたのは、米大リーグで日本人初のホームラン王に輝いた大谷翔平選手(29)と、7月に開催されるパリ五輪・パラリンピックのメダル候補の選手ら計5人。五輪に採用される競技の多様化もあってか、今年は造形に苦労した選手もいたようだ。

 

「久月」が公開した2024年の「期待びな」。野球の大谷翔平をモチーフにしたひな人形=1月31日午前、東京都台東区(岩崎叶汰撮影)

 

表情や道具仕立てに苦労

 

大谷選手以外にモデルになったのは、陸上の女子やり投げで昨年に世界選手権を初制覇した北口榛花選手(25)、ブレイキン(ブレイクダンス)の福島あゆみ選手(ダンサー名・AYUMI、40)、スケートボードの西矢椛選手(16)、車いすテニスの上地結衣選手(29)。今年は「世代を超えて」をテーマに、10~40代のトップアスリートが選ばれた。

 

Advertisement

「久月」が公開した2024年の「期待びな」。やり投げの北口榛花をモチーフにしたひな人形=1月31日午前、東京都台東区(岩崎叶汰撮影)

 

ひな人形の表情は、職人が選手の写真を参考に「笑顔」に仕上げていくが、「選手らの写真は競技中のものがほとんどで、立体的に笑顔を再現するのが本当に難しい」(久月の横山久俊社長)という。

 

「久月」が公開した2024年の「期待びな」。車いすテニスの上地結衣をモチーフにしたひな人形=1月31日午前、東京都台東区(岩崎叶汰撮影)

 

また、大谷選手のひな人形にバットを持たせているように、人形には各選手を象徴する道具などを小物として添えているが、「今回はブレイキンの福島選手の人形に何を持たせるかで、かなり悩んだ」(横山氏)。協議の結果、音楽に乗せて踊るというブレイキンの特徴から着想し、「ト音記号」のオブジェを持たせることに落ち着いた。

 

「久月」が公開した2024年の「期待びな」。ブレイキンの福島あゆみをモチーフにしたひな人形=1月31日午前、東京都台東区(岩崎叶汰撮影)

 

被災地でも展示

 

今年の期待びなは浅草橋の本店で2月2日まで展示し、同月4~6日は能登半島地震の被災地応援で金沢市の百貨店・大和香林坊店に飾られた。その後、久月の名古屋店、福岡店、箕面店(大阪府箕面市)、札幌店で順次公開する予定。

 

Advertisement

同社は毎年、世界で活躍が期待される著名人の変わりびなを制作。期待びなは平成25年から制作しており、今年で12回目。非売品だが、1体当たりの価格は25~30万円に相当するとしている。

 

筆者:西村利也(産経新聞)

 

この記事の英文記事を読む

 

 

Advertisement
Continue Reading
Click to comment

You must be logged in to post a comment Login

Leave a Reply

Our Partners