fbpx
Connect with us

難しさ増すミャンマー和平構築

Published

on

バングラデシュのバサンチャール島に整備されたロヒンギャの居住区(笹川陽平氏のブログより)

~~

 

1948年に英国から独立して以来70年以上、少数民族武装組織と国軍の内戦が続くミャンマーは2021年2月の国軍によるクーデター以降、民主化を求める市民武装組織も戦闘に加わり、混迷の様相を一段と深めている。

 

 

難民救済のモデル

 

筆者は13年以降、ミャンマー国民和解担当日本政府代表を拝命し、和解実現に取り組んできた。しかし民族、文化、時に宗教、言語の違い、さらに周辺国の思惑も複雑に絡み、和平実現の難しさを日々、実感している。

 

Advertisement

この記事の続きを産経ニュースで読む

 

筆者:笹川陽平(日本財団会長)

 

この記事の英文記事を読む

 

 

Advertisement
Continue Reading
Click to comment

You must be logged in to post a comment Login

Leave a Reply