隈研吾さんインタビュー 新国立「空調機に頼らず」「日本建築の特徴」

 

 

2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムになる新しい国立競技場(東京都新宿区)が完成し、12月15日に完成式典が開かれた。デザイン案が急遽変更になるなど紆余曲折あったものの、木材がふんだんに使われ、木のぬくもりが感じられる日本らしいスタジアムに仕上がった。設計に携わった建築家の隈研吾(くま・けんご)さん(65)が産経新聞の単独インタビューに応じ、「自分ではコントロールできないドラマだった」と振り返った。

 

 

国立競技場が完成した

 

緑の色が濃く、想像通りにできて安心している。

 

改めて建物の特徴は?

 

僕は幸いにして1964年の東京五輪を味わっている。あの時代は東海道新幹線ができたり、首都高速道路ができたりした。コンクリートの建造物がぼんぼん立ち上がって、格好いいなと子供ながらに感動した。では、2020年らしさとは何か。それは1964年の感動とは全く逆のものではないか。街がコンクリートだらけになっている中で、木が取り戻せるようになればと、世界に対しメッセージを送りたいと思う。日本の子供たちにも、木の街に戻れるんだよと発信したい。

 

社会が木を求めているのか

 

それはすごくある。ここ数年、特にそういう気がしている。IT(情報技術)のもたらすストレスや、AI(人工知能)が席巻し人間の居場所がなくなりつつある中で、木でできた街に帰りたいと感じているのでは。

 

設計のモチーフにしたものは?

 

法隆寺の五重塔だ。スタジアムの外周には軒庇(のきびさし)が複数重なっている。五重塔も、見上げたときに一番目に入る軒のそばに細工が施されていて、庇の下にあるから雨や日に当たらない。だから7世紀に建立した法隆寺が1400年以上も長持ちしている。今回の設計に当たって、法隆寺をいろいろ勉強していき、さまざまなヒントを得ている。

 

暑さ対策はどう設計に取り込んだか

 

7月の暑いときに五輪の開会式をやるのは分かっていた。建物の観客席部分には屋根はあるが閉じていないため、空調機に頼らず、風を中心に設計している。庇の下に自然の風が抜けていくのが日本建築の特徴だから。風の専門家を入れて、コンピューターシミュレーションもした。外苑の風向データもあるから、夏の期間にどの方向から風がくるか、その風を観客席に呼び込むような角度で大庇を設計した。空調機とか、石油に頼らないで気持ちいい空間をつくろうと考えた。これがモデルプロジェクトになると良い。

 

木を用いてつくるのはハードルが高かったのでは?

 

木の技術は、すごく進歩した。最先端の処理技術とか、塗装の技術とか、ちょうど今だからできた。10年前だったら無理だと思う。メインの構造部分は主に鉄骨で、人が見上げた時に一番目に入る大屋根のトラス部分に木を使った。そういう木の使い方は、競技場では世界にない気がする。欧米は、人間の目線から考えるのではなくて、全体を大きなフレームで組み立て、俯瞰(ふかん)的に見ている。僕ら日本人は地上の目から、素材をとらえている。地面を歩きながら、いろいろ見上げながら見えてくるのが、日本建築の特徴だ。

 

新国立競技場の最初のデザイン案はザハ・ハディドさんによるものだったが、総工費の膨張などで白紙撤回になった

 

ザハさんには、設計コンペで何度も負けている。ザハさんの案は模型などで見ると格好いいが、体験してくれれば僕の方がいいと、勝手にライバル視していた。ある意味でザハさんの建築が形で勝負する時代の象徴だとすると、私の方は体験で勝負する時代の建築。形で勝負する次の時代の建築をつくりたかった。ザハさんに対して自分の思いを正直に形にしたいと思っていた。自分の立ち位置を確認する上でザハさんはありがたい存在だった。

 

設計におけるモチベーションは?

 

僕は10歳の時に、本当に日常が全く変わるような、五輪の前と後で全く違う状況を体験した。五輪が社会に果たす役割の大きさを実感できた。何か挑戦すれば、それなりに報われる。それが五輪をきっかけに生まれる。日常とはまた別の時間が流れるから、新しいことに挑戦すれば、みんなが喜んでくれる。

 

建築家の原点は

 

僕は1964年の東京五輪が開催されたときに、丹下健三さんが設計した代々木競技場を見て感動して建築家を志した。世界のどの建築よりも格好よく、日本人もすごいなという自信が持てた。特別な時間が流れ、特別な時間を体験した。だから挑戦をしようと。木を使うのはある意味、僕にとって挑戦だった。五輪だからそれができるし、未来を提案すれば、ちゃんと評価されるものと感じていた。

 

国立競技場をどう世界に発信していくか

 

日本は五輪がなくても注目が集まっている。今の環境保護の時代に、日本人独特の自然に対する感性が期待されている。国立競技場を通じて世界に発信すれば、今まで以上に日本のことに注目が集まる。日本にとってもビッグチャンスだ。普段は建築に関心がない人にも、日本は木を使ってこんな建築がつくれるんだと興味を持ってもらい、日本は自然に優しい文化だというのを世界に知ってもらう、いいきっかけになる。

 

大会後の使われ方は?

 

やはり祭りの後が大事。大会後、何十年も建物は存続していく。時間がたてばたつほど木は味わい深くなって、より親しみやすくなる。この場所は明治神宮という鎮守の杜(もり)の中にあって、そこに楽しい建物があるというのは、東京全体にとってもいいことだ。

 

国立競技場は何を変えるか

 

街をきっと変えてくれると期待している。丹下さんの建物はシンボルとして街を変えたが、建物は美しい彫刻であるという感じ。国立競技場は逆に回廊みたいなものとして提案している。あの周辺を楽しくさせるきっかけになってほしい。コンクリートの建築は増改築が難しいが、木を使った場合はその部分の手直しがしやすい。より使いこなしてほしいと期待している。手直しされるというのは、建物がうまく使われているということだから、むしろ大歓迎。設計者が想像していない使い方をしてくれるとうれしくて仕方がない。

 

自身の人生で競技場の設計に関わったことの位置付けは?

 

いろんな偶然が重なった。1964年のときに建築家になろうと思って、2020年に東京が再び五輪・パラの開催地になるとか、国立競技場が自分の住んでいる所の近くにあるとか。運命的なもので、自分ではコントロールできないドラマを感じている。

 

聞き手:天野健作、佐々木正明(産経新聞)

 

 

この記事の英文記事を読む

 

 

Author:

Kensaku Amano is a staff writer of the Sankei Shimbun City News Department.

Leave a Reply