進む金与正氏への権力委譲

 

北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさんの父、横田滋さんが天に召された。被害者救出のため、1997年から共に戦ってきた。戦場の私のすぐ横で敵に向かっていた戦友が敵弾に当たって倒れた、という感覚だ。

 

 

北朝鮮のウソと戦った横田滋さん

 

滋さんの戦いを一言で表すなら、世論に訴えてウソを打ち破ることだった。平成9年、実名を出すと北朝鮮が被害者に危害を加えるかもしれないという恐れがある中、実名で訴えると決断された。拉致などあるはずがないという北朝鮮のプロパガンダが日本を支配していたが、それを打破して5年後に金正日総書記による拉致謝罪まで勝ち取った。

 

しかし、北朝鮮は、拉致したのは13人だけで、5人を返して8人は死亡したから拉致問題は解決したという新しいウソをついた。日本国内にも、被害者の死亡を認めて国交正常化へ向かうべきだという勢力が出てきた。

 

温厚で人前で怒りを表すことのなかった滋さんが、感情をあらわに激怒したことがあった。平成14年9月、政府が未確認のままめぐみさんたち8人を死亡と断定して家族に通告した翌日に、平壌から戻った外務省幹部から「死亡は確認していない」と直接聞いた時と、平成16年、北朝鮮がめぐみさんのものとして提供した遺骨が別人のものと判明した時だ。ウソへの強い怒りが滋さんの戦いの原動力だった。

 

 

妹が首領に代わって「指示」

 

戦いに勝つには敵を知らなければならない。北朝鮮は国連経済制裁とコロナウイルス対策による国境封鎖で経済的困難が深まる中、最高指導者の金正恩氏の健康不安が深刻化し、妹の与正氏への権力委譲が進んでいる。6月4日、与正氏が党第1副部長の肩書で談話文を公表し、韓国にいる脱北者が北朝鮮へ風船ビラを送ったことを口汚く罵り、それを黙認した韓国政府に南北連絡事務所の閉鎖や南北軍事合意破棄もあり得ると脅した。5日には、党の工作機関である統一戦線部が代弁人談話を出し、与正氏が同日、談話文で指摘した内容を実行するための検討に入るよう指示を出したことを明らかにした。

 

唯一指導体制を掲げる北朝鮮で「指示」を出せるのは首領である金正恩氏だけのはずだ。与正氏が金正恩氏と文在寅韓国大統領の合意内容の破棄を検討する指示を出したと公表されたことは、与正氏が首領並みの権力を持っていることを公表したということだ。最近、与正氏は金正恩氏に代わって「1号批准文書」に署名しているという。1号とは首領を意味し、党、軍、政府の全ての事業は「1号批准」がなければ実行できない。また、作家、芸術家らに5月下旬、作品の中で与正氏のことを「党中央」と表記せよとの指令が下ったという。

 

与正が拉致問題をどの程度認識しているのか、日本との関係改善に対してどのような考えを持っているのか、そして、めぐみさんたちが今どこに監禁されているのか、日本政府はまずその情報を入手して戦いに臨んでほしい。

 

筆者:西岡力(国基研企画委員兼研究員・麗澤大学客員教授)

 

 

国家基本問題研究所(JINF)「今週の直言」第687回・特別版(2020年6月8日)を転載しています。

 

この記事の英文記事を読む

 

 

Tsutomu Nishioka

Author:

Tsutomu Nishioka is a senior fellow and a planning committee member at the Japan Institute for National Fundamentals and a visiting professor at Reitaku University. He covers South and North Korea.

Leave a Reply