fbpx
Connect with us

【主張】環境省と水俣病 思いやりの心はないのか

Published

on

水俣病患者連合の松崎重光副会長(左から2人目)らに謝罪する伊藤環境相=5月8日午後、熊本県水俣市(共同)

~~

 

政策の立案や遂行には、関係する当事者から真摯(しんし)に意見を聞き、向かい合うことが欠かせない。そうであるはずなのに環境省の対応は、この基本や思いやりを欠いている。

 

これでは、心ある政策を実行できるとは、到底思えない。患者・被害者らが環境省の対応に不信感を抱くのは当然である。

 

水俣病犠牲者慰霊式に参列後、患者団体の発言に耳を傾ける伊藤環境相(右)=5月1日午後、熊本県水俣市(共同)

 

伊藤信太郎環境相と水俣病の患者・被害者らとの懇談の場で、環境省が3分の持ち時間を超えて発言する参加者の話を制止し、マイクの音を切る、という出来事があった。

 

Advertisement

粗雑で乱暴な対応である。懇談とは名ばかりで、そもそも話を聞く気がなかったのではないか、と疑わざるを得ない。

 

しかも環境省は「以前からこうした運用をしていた」と説明した。事実であれば過去にさかのぼって謝罪すべきである。

 

熊本県水俣市で開かれた水俣病犠牲者慰霊式=5月1日午後(共同)

 

懇談は、5月1日の犠牲者慰霊式の後、熊本県水俣市で開かれた。水俣病患者らでつくる8団体と伊藤氏らが出席した。

 

環境省は、発言の持ち時間を1団体3分としていた。団体側の発言中、3分が過ぎた後、発言者の2人のマイクの音が切られ、その後回収された。

 

Advertisement

もっと異なる対応を取るべきだった。際限なく話を聞くということではないが、3分では短すぎる。

 

水俣病の患者・被害者らへの謝罪に訪れ、頭を下げる伊藤環境相(左)=5月8日午後、熊本県水俣市(共同)

 

林芳正官房長官は5月7日の記者会見で、「関係者の意見を丁寧に聞く重要な機会に、不快な気持ちにさせてしまい、適切だったとはいえない」と述べ、8日には衆院内閣委員会で、「政府としておわび申し上げたい」と表明した。

 

伊藤氏は同省事務次官と環境保健部長を厳重注意し、「水俣病は環境省の原点」と述べた。同日、水俣市を訪れ、発言をさえぎられた2人に謝罪した。

 

後手に回った印象を免れない。伊藤氏は当初、「マイクを切ったことを認識しておりません」などと釈明したが、音が切られたことはその場で認識できたはずだ。進行を官僚に任せきりで、会議に出ているだけなら閣僚の職責は果たせまい。

 

Advertisement

伊藤環境相との懇談で発言を制止したことについて、水俣病の患者・被害者団体の代表者らに謝罪する環境省の木内哲平特殊疾病対策室長(左端)=5月8日午後、熊本県水俣市(共同)

 

水俣病は公式確認から68年がたったが、国に補償を求める裁判が複数継続し、解決には至っていない。

 

環境省は、懇談の場を再度設けるべきだ。対話の大切さを肝に銘じ、政策を遂行しなければならない。

 

 

2024年5月9日付産経新聞【主張】を転載しています

 

Advertisement

この記事の英文記事を読む

 

 

Continue Reading
Click to comment

You must be logged in to post a comment Login

Leave a Reply