【主張】東京五輪延期 日本は成功に責任を負う まず感染の収束に力を尽くせ

  この夏に開催が予定されていた東京五輪・パラリンピックが、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、1年程度延期されることになった。感染拡大が収まらない現状をかんがみれば、妥当な判断である。   代表選手選考や会場、人員の確

ラグビー熱続く日本の課題

    日本中を熱気に包んだワールドカップイヤーから新たな年を迎えた。いまだに、この極東の国の人たちは楕円球に魅せられている。   1月7日にフィナーレを迎えた全国高校ラグビー大会は、開催された7日間の通算観客数が12万4113人と歴代最多

五輪の舞台で「日本」を発信 伝統芸能、被災地復興、共生社会実現

    東京五輪開催まであと半年。五輪はスポーツだけでなく、アーティストらが華々しく活躍する文化芸術の祭典。東京大会では主に「日本の伝統芸能披露」「東日本大震災の復興アピール」「地球規模課題のメッセージ発信」の3つのテーマに沿った多彩なイベ

「共生」テーマに初の統一デザイン 五輪・パラの日本選手団公式服

    東京五輪・パラリンピックで日本選手団が開会式の入場行進で着用する公式服装が1月23日、東京都内で発表され、「日本を纏(まと)う」をコンセプトに、白と赤を基調にしたデザインがお披露目された。   日本選手団の「爽やかな輝き」を表現した

【主張】ラグビーW杯閉幕 この興奮を「次」につなげ

  日本列島を興奮させたラグビーのワールドカップ(W杯)は、南アフリカの3度目の優勝で幕を閉じた。南アは準々決勝で日本代表が死闘の末に敗れた相手だ。改めて、わが日本の代表チームは本当の強者と戦ってきたのだと思い知る。   これほどの大会の成

注目の2019WBSS王者決定戦 井上尚弥VSドネア戦:時代のレジェンドが対決

    プロボクシングWBA,ⅠBF世界バンダム級王者の井上尚弥(26)と、WBAスーパー王者のノニト・ドネア(36、フィリピン)のワールドボクシングスーパーシリーズ(WBSS)バンダム級決勝戦が、11月7日に埼玉スーパーアリーナで行われる