【神話を斬る】大坂なおみは東京五輪日本代表としてプレーするため、米国籍離脱は不要だ

  多くの英語圏マスコミは、テニスのスター選手であり日本と米国の国籍を持つ大坂なおみが、日本代表として2020年東京オリンピックに出場するために日本国籍を維持し、米国籍を離脱することにしたと伝えている。   たとえば、CNNの見出しは「東京

【ラグビーW杯】外国選手と日本選手が融合、「ワンチーム」での金星 もはや奇跡ではない

  「史上最大の番狂わせ」と呼ばれた4年前をほうふつさせるパフォーマンスを、日本が演じた。優勝候補のアイルランドを撃破すると「バンザイ」とともに地響きのような歓声が選手たちを包む。過去最多の外国出身選手と、日本選手が「ワンチーム」となり、新

差別主義的な英タイムズ紙が英軍ラグビーチームとラグビーW杯開催国の日本を攻撃

  私が見た中でも、日本について最も露骨な人種差別的な記事のひとつが9月18日、英紙タイムズに掲載された。見出しは、「英軍ラグビーチームが日本の戦争犯罪者のための神社を訪れる」である。長年、タイムズ日本特派員を務めているリチャード・ロイド・

ラグビーW杯2019:女性鷹匠が試合準備で活躍する花園スタジアム

    9月20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)の各会場では、試合に向けた準備は整った。会場の一つ、花園ラグビー場(大阪府東大阪市)では、何と、猛禽類であるタカまでが〝出動〟し、最終的な準備に余念が無い。なぜ、タカが出動したのか―

「グローバル化は1番」 ラグビー日本代表、過去最多の海外出身者

      日本ラグビー協会は8月29日、ワールドカップ(W杯)日本大会で史上初の8強入りを狙う日本代表のW杯登録メンバー31人(FW18人、バックス13人)を発表し、フランカーのリーチ・マイケル主将(東芝)や4大会連続出場となる38歳のロ

ラグビー・ワールドカップ2019:ビール問題は日本ではこう解決されている

    ラグビーを語るとき、絶対に忘れてはいけないもの。それはビールだ。ラグビーに楕円球が欠かせないのと同様に、世界のどのスタジアムでも、ビールは欠かせない。   「サッカーファンはビールを飲んで暴れるが、ラグビーファンはビールがなければ暴