JAPAN Forward

サポーター会員の声

特別会員

長谷川 七重 様

それでも 高温多湿にした方がよいと思う。
●新型コロナ、夏に終息の公算小 高温多湿でも活発=欧州当局  3/26(木) 0:41配信 [ブリュッセル 25日 ロイター] - 欧州疾病予防管理センター(ECDC)は3月25日、新型コロナウイルス感染拡大が夏に終息する公算は小さいとの見通しを示した。研究結果によると、シンガポールのような高温多湿の熱帯地方でも、ウイルスの活動が弱まらないという。

賛助会員

M.K. 様

日本の国益につながる発信を
今回のコロナウイルスの件で、実際の致死率や重篤率の低さと比べて、日本は風評被害を受けそうな雰囲気があります。そこで、下記二氏が書いたような記事をジャパンフォワードでも英語で発信できないでしょうか?

一般会員

佐藤 博一 様

日本人の弱点
日本人はなぜ国際社会で誤解されやすいのか? 端的に言うと、日本人の物言いは外国人に対して説明不足である。 日本人同士のコミュニケーションではお互いに日本古来の文化・慣習を共有し、共通の日本語を使用しているので、理解し合うのに多くを語る必要はない。極端な例では「ツーカー」で通じ合える。実際は分かっていないのに分かったと錯覚しているケースが多いが。

土居 征夫 様

日本の夢を描くとき
米国の夢(アメリカ・ファースト)、中国の夢(民族の復興)等、世界中が自国第一主義を夢として掲げ、軍事・経済覇権の追求に奔走し始めている。 そのなかで、安倍総理は「日本ならでは外交をすすめる」としているが、我が国は外交の基本となる夢をどう画いているのか?

若木 利博 様

日本の高齢者対策は、まさに姥捨て山!
日本のため、家族のために働いてきた日本の高齢者を「前期・後期」と区分し、高齢者の働く意欲の振起を旗印に、現役並みの所得(400万円前後でしょうか?)と称し、年金減額、保険各種・税各種等において取り放題、想像を絶する処遇にあります。高齢者の士気の低下は凄まじく、姥捨て山の処遇に追い込まれていることは、残念です。国家の危機管理を始め、日本を支えてきた、そして支えている国民のこと、新たな視点での情報発信の機会を得たいとも考えています。