Katsuhiro Kuroda is visiting editorial in Seoul for Sankei Shimbun.

韓国 防波堤論の不可解

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領が11月、テレビ番組「国民との対話」で日本との関係について語った「韓国は日本の防波堤」論が気になっている。   発言の背景には当時、韓国が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の一方的終了を言い出し

山は下りる時に転びやすい

    このところ韓国側で日韓関係改善を模索する動きが目立つ。天皇陛下の即位行事の際、李洛淵(イ・ナギョン)首相の“祝賀訪問”があり、文在寅(ムン・ジェイン)大統領もタイで自分の方から声をかけて安倍晋三首相と会っている。文喜相(ムン・ヒサン

韓国の「東京五輪がらみの反日」がもたらすものは

  韓国では近年、日本の世論に広がっている反韓・嫌韓感情についての正確な実情がほとんど伝えられていない。韓国マスコミが伝えないからだ。彼らはひたすら安倍政権が悪いというだけで、韓国における手を替え品を替えての執拗(しつよう)な日本非難に自制