Yoshinari "Yoshi" Kurose, a journalist specialized in international security and foreign affairs, is Washington DC Bureau Chief of The Sankei Shimbun.

As a newspaper reporter, he spends much of his career as a foreign correspondent. Previously posted in New Delhi, India (1997~2000) and Jakarta, Indonesia (2002~2006) as Bureau chief of The Yomiuri Shimbun, he covered extensively on South Asia and South East Asia regional security issues in the field, including violent extremism in both regions.

As a student of American studies, also had served as a DC correspondent for the Yomiuri from 2008 to 2012, before taking up present position in Sankei in 2017. A graduate of Keio Gijuku University in Japan, he holds bachelor’s degree in both political science and journalism.

トランプ氏は米軍を本当に撤収させる 駐留経費交渉、同盟を金銭で勘定 ボルトン氏インタビュー

  トランプ米政権の外交政策に関する内幕を描いた著書を6月下旬に出版したボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が7月7日、産経新聞の電話インタビューに応じた。ボルトン氏は、在日米軍駐留経費の日本側負担について、来年3月末に期限を迎

多国間協調が機能不全 国民国家の責任増す-米歴史学者エドワード・ルトワック氏

  新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)は第二次世界大戦以来の危機と形容される。世界はどこへ向かうのか。戦略論研究の世界的権威として知られる米歴史学者のエドワード・ルトワック氏は危機が「世界の真実」を暴いたとし、国際秩序は多国間

中国の「世論操作」 世界に拡散

    今やパンデミックと化した、新型コロナウイルスという「見えない敵」との戦いに勝利するために死活的に重要となるのは、各国がウイルスに関する情報を迅速かつ誠実に共有していくことであることは論をまたない。   しかし、世界が未曽有の危機にさ